お歳暮を贈る時期や人気がある商品

category01

お歳暮とは、日頃お世話になっている方々に対して1年の締めくくりにお礼の気持ちとしてその方々に贈るもののことをいいます。

お中元サイトが一番おすすめです。

お歳暮は、江戸時代から伝わるもので毎年盆と暮れの時期に長屋の大家さんや取引先に対して、「日頃お世話になっています。

よろしくお願いします」という気持ちを込めて店子や商人が贈り物をしたのが始まりで、それが商習慣となって現在のような形となって引き継がれています。

お歳暮を贈る時期ですが、季節の挨拶なので贈る時期をきちんと守るのが大切なマナーの一つになります。地方や贈るものによって違いがあり、関東地方では、12月の初旬から12月31日頃で、関西地方では12月13日から31日頃が最適です。



一般的に、受け取る側の負担を考えて年越しの準備で忙しくなる年末の12月25日以降は避けた方が良いですが、生鮮食品や鮭、昆布巻きなどお正月用のものを贈る場合にはむしろお正月に近い日付で贈った方が良いです。
お歳暮として贈るもので人気のあるものとして、ハムやソーセージなどの食品やクッキー、ケーキ、タルトなどのお菓子類があります。お年寄りの方も、お子様でも一緒になって食べられるものなので人気が高いです。



また他にもビールのセットやカニなどの季節の魚介類や地方名産の野菜や果物も喜ばれます。


最近では、様々な名産品から好きな品物を選ぶことができるカタログギフトもあるので、受け取る方が好みの物を選ぶこともできます。

お中元の基礎知識

category02

近年ではお歳暮そのものが身近な存在になっていて、一昔前のような堅苦しいイメージがかなり薄れているといえます。カタログやインターネットでも気軽に商品を選ぶことができ、忙しい現代人にとってはうれしい魅力です。...

subpage

お中元のみんなの常識

category02

仕事関連の相手からお歳暮が届いたときは、お礼状を送るときも個人の時とさほど違いはありません。一般的な言い回しやフレーズがあるのでそれを活用します。...

subpage

お中元のよく解る情報

category03

プレゼントを贈るときには、相手の方の喜んでくれる顔を想像しながら選ぶのが楽しい時間だったりするものです。お歳暮だと、日ごろからお世話になっている方のために、感謝を伝える機会なので、これも相手の方の喜んでくれる顔を想像することが大切ともいえます。...

subpage

初心者向きお中元

category04

お世話になった人へ贈るお歳暮は、贈る時期としては12月の上旬から半ばあたりで、一年の感謝の気持ちを込めて贈ることが一般的です。もっとも必ずしも贈らなければいけないといったものではなく、送り先相手についてもそれぞれで違うケースもあります。...

subpage