習い事の先生にお歳暮を贈る際の注意点について

近年ではお歳暮そのものが身近な存在になっていて、一昔前のような堅苦しいイメージがかなり薄れているといえます。

お中元の情報ならこちらにお任せ下さい。

カタログやインターネットでも気軽に商品を選ぶことができ、忙しい現代人にとってはうれしい魅力です。

お歳暮は1年間お世話になったことの挨拶であり、身近になったものだからこそ、日ごろからお世話になっている人にも贈りたいものです。


その一つに習い事の先生があげられるでしょう。いつも根気よく丁寧に教えてくれることから、感謝の気持ちをお歳暮として贈りたいと思う人も多いことでしょう。

しかし習い事の場合には、習っている生徒が多いので、お歳暮に関しては十分な注意が必要です。

習い事の先生へのお歳暮は義務ではなく、あくまでも生徒側によって決めることです。それぞれの家庭の考え方もあるので、まずは通っている教室のほか生徒に聞いてみるのもよいでしょう。



大きな習い事教室の場合には、一律にやり取りはなしにしているところが多く見られますが、個人の習い事教室であれば、とりきめがないのが通常です。


そのため贈る人もいれば贈らない人もいてそれぞれの判断と言えます。



金額は多くの場合月謝分程度で、区切りよく3000円や5000円などがちょうどよいと考える人も見られます。
金額がわかってしまうのが嫌であれば、商品を選ぶのもよいでしょう。

しかし食品を贈る際には、あまり凝ったものを贈らないように気をつけます。
先生の家族の好みなどをよく知っているのであればよいですが、特別な肉や海鮮などの好みが出やすいものに関しては、できる限り避けるようにしましょう。