お歳暮のおもなルール

お世話になった人へ贈るお歳暮は、贈る時期としては12月の上旬から半ばあたりで、一年の感謝の気持ちを込めて贈ることが一般的です。もっとも必ずしも贈らなければいけないといったものではなく、送り先相手についてもそれぞれで違うケースもあります。

気軽にお中元のココだけの話をしましょう。

たとえばよくある送り先相手としては、結婚している場合はそれぞれの両親や、結婚式の主賓および仲人などが多く、他にもお稽古事の先生や親戚、上司などさまざまです。


そんなお歳暮ですが、基本的なルールとして昔は持参することが一般的でした。

しかしながら最近では宅配便で送るパターンもあり、どちらの方法にするのかによって贈り方にも違いが生じます。

まず持参する場合では、のしは外のしにして風呂敷でお歳暮を包み、手渡しすることが一般的なマナーとなっています。


ただし最近では風呂敷は使わずにデパートなどの紙袋に入れて持参することも多くなってきていますし、持参する場合は事前に相手側に連絡してスケジュールを合わせ、迷惑にならないように訪問する旨をちゃんと伝えておくことも大切です。

一方の宅配便を使うケースでは、のしは内のしにして送り状も用意することが正式なマナーです。



送り状はお歳暮と同封もしくは事前に届くように郵送し、内容は日頃の感謝と御礼を含め、お歳暮を贈ったということをはっきり記します。



ちなみにのしについては、最近では短冊タイプの簡易のしも増加傾向にあり、こちらを使用しても問題ありません。

また水引を使用する場合は、紅白の蝶々結びが最適です。